異常行動とタミフルの関係!転落・飛び降りの心配は?

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

タミフルによる異常行動?

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬として開発され、現在ではインフルエンザ治療の代表的な薬として幅広く使われています。

抗インフルエンザ薬の中でもルナビルやリレンザなどの吸入薬と違い、カプセルとドライシロップの2種類が販売されており、どの世代の方でも飲みやすいという事が特徴です。

5歳以下の子供にも使用できるタミフルですが、服用すると異常行動を起こす可能性があると問題になっています。
インフルエンザ患者の異常行動 は2009年以降の8年間で約404件にも及んでいます。
中でも未成年の異常行動が多く、8年間で317件と全体の78%を占めていることが分かっています。

服用した薬と異常行動の因果関係を調べるために厚生労働省が行った調査による、薬の種類別でみる異常行動の発生割合は以下のようになっています。

2015/2016年調査

  1. 服用なし 14%
  2. アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)14%
  3. リレンザ 5%
  4. リレンザ+アセトアミノフェン 5%
  5. タミフル 7%
  6. タミフル+アセトアミノフェン 17%
  7. イナビル 12%
  8. イナビル+アセトアミノフェン 22%。

タミフルを使用した場合の異常行動がよく話題にあがりますが、タミフルのみを使用しておきた異常行動は全体の約7%です。
薬を服用していなくても異常行動を起こした方は14%もいる事がこの調査で分かっています。
その他にも抗インフルエンザ薬を使用していない時の方が、重度の異常行動を起こす確率が高いという調査結果も出ているようです。

重度の異常行動とは 飛び降り・急に走り出すなどの、制止しなければ生命に影響が及ぶ可能性がある行動

厚生労働省の見解

これらの調査結果から厚生労働省は抗インフルエンザ薬と異常行動には特定の因果関係がなく、異常行動はインフルエンザ脳症・脳炎の症状であるという見方を強めています。
異常行動はタミフルの副作用と言い切れませんが、事故が多発していることもあり10歳以上の未成年患者には原則としてタミフルの使用は控えるように勧告しています。

異常行動の詳細

異常行動の例

厚生労働省は以下の内容を異常行動の例としてあげています。

  • 突然立ち上がり部屋から出ようとする
  • 興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う
  • 窓を開けてベランダに出ようとする
  • 外を歩いていて、話しかけても反応しない
  • 人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す
  • 変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る
  • 突然笑い(泣き)出し、階段を駆け上がろうとする

その他にも、
・ぼんやりと遠くを見つめていて目が合わない。
・突然起き上がりトイレに行くと言って他の部屋へ行く。
・おびえたり、怖がったりする。
・徘徊したり、同じ行動を繰り返す。
など様々な行動が確認されています。

異常行動の特徴

異常行動を起こす人やタイミングに特徴があることが調査で分かっています。

  • 8-13歳の子どもが起こしやすい
  • 男性81%、女性19%の割合で発生
  • 約80%は寝起きに発生
  • ワクチンを接種していない

これらの特徴に該当する方や、該当者を看病をしている方は特に注意をしましょう。

異常行動はインフルエンザによる発熱から2日以内に起こることが多いようです。
発症から2日以内の睡眠中や寝起きは特に異常行動に注意をしなければなりません。

大人でも異常行動を起こす?

異常行動を起こしやすいのは 過去の調査データからみて10歳前後の子どもが多いようです。

主に10歳前後の子どもに多い異常行動ですが、ごくまれに20歳~29歳の方にも異常行動がみられます。
飛び降りなどの重度な異常行動が子どもに比べ少ないのですが、安心はできません。
重度な異常行動は起こさないとしても、高熱により頭がぼんやりする、夢と現実が曖昧になるなどの症状から事故につながる事があるかもしれないので十分注意が必要です。

インフルエンザに感染したら、たとえタミフルを飲んでいなくても体調の変化に注意するようにしましょう。

異常行動による事故を防ぐ

厚生労働省が発表している事故軽減対策

異常行動と抗インフルエンザ薬に因果関係がないとしても、インフルエンザ患者の異常行動は認められています。
薬の服用の有無に関わらず、異常行動を起こさないように看病する事が大切になるので厚生労働省は以下の内容で注意喚起を行っています。

小児・未成年者がインフルエンザにかかった時は、抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無によらず、少なくとも治療開始後2日間は小児・未成年者を一人にしない

これに加え、2017年11月新たに「小児・未成年者が住居外に飛び出ないための追加の対策 」を提示しました

高層階の住居の場合

・玄関や全ての部屋の窓の施錠を確実に行う(補助錠がある場合は使用する)。
・ベランダに面していない部屋で寝かせる。
・窓に格子のある部屋で寝かせる。

一戸建ての場合

・できる限り1階で寝かせる。

異常行動を恐れて抗インフルエンザ薬を使用しなかった場合、インフルエンザが長引き重篤化することで合併症を起こす可能性が出てきます。
合併症を引き起こすと、最悪死に至る症状もある事からインフルエンザの放置は時として異常行動よりも危険を伴います。

厚生労働省が発表している情報を活用して看病する事で 異常行動による事故を防ぐことは可能です。
インフルエンザは普通の風邪とは違います。
薬を飲んだから大丈夫と思わず、症状が軽くなるまでなるべく目を離さず看病するようにしましょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。