下痢の症状もある?タミフルで腹痛がおきた場合の対処法

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

タミフルの副作用

タミフルの主な副作用は以下のようなものがあります。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気・嘔気
  • 悪心
  • 腹痛
  • 発疹
  • 頭痛
  • 精神症状

なかでも腹痛や下痢は他の症状より現れやすくなっています。
薬の添付文書によると、臨床実験で確認された腹痛の症状は全体の6.8%となっています。
次点が下痢の5.5%、嘔吐が4%となっています。

タミフルの使用による腹痛・下痢の症状は比較的現れやすいという事になります。
腹痛や下痢の症状が出る原因や対策をみていきましょう。

腹痛がおきる原因

インフルエンザによる腹痛

腹痛 タミフルを服用していなくてもインフルエンザを発症するだけで腹痛や下痢の症状がでることがあります。
特にインフルエンザB型や新型インフルエンザに感染すると消化器系の症状が強くでるようです。

腹痛や下痢は体内のウイルスを排出する為におこる体の自然な働きです。
痛みを除くために下痢止め、痛み止めを飲むとウイルスが体内にとどまり回復が遅れてしまうので、薬で止める事はやめてしっかりと排出するようにしましょう。

タミフルによる腹痛

タミフルの副作用で一番多く確認されている症状が下痢・腹痛です。
インフルエンザの症状としても確認されているので区別が難しいかもしれませんが、薬服用後に症状が出れば副作用と考えていいでしょう。

抗インフルエンザ薬は処方された分全て飲みきることが大切です。
途中で服用をやめてしまうと症状がぶりかえし、ひどくなる場合があります。

治療薬はなるべく飲み切る事が好ましいですが、副作用の症状が現れた場合、判断が難しい場合は服用を一度ストップし医師に相談しましょう。

予防接種による腹痛

インフルエンザワクチンを摂取した際にも、下痢や腹痛の症状が出る場合があります。
これはワクチン接種による「副反応」と考えられ、副反応は予防接種後 5~10%の方に現れる症状です。

一般的な副反応は、腫れ・かゆみといった摂取した部位に起こりますが、なかには下痢や腹痛といった全身症状として現れる事もあります。

腹痛や下痢がおきたときの対処法

腹痛がするときは、腹部を温めるようにしましょう。
腹巻・カイロ・湯たんぽなどを利用して温めると痛みが和らぎます。

下痢によって脱水症状がおこりやすくなります。
高熱・下痢などの症状で体力を消耗しているだけでなく、栄養や水分が体外に排出されている状態ですので栄養・水分補給はとても大切です。

食事からの栄養・水分補給は嘔吐の症状がある場合は難しいかと思います。
胃腸が弱っているので吐き気がなくなってから少しずつお腹に優しい食べものを摂るようにしましょう。

おなかに優しい食べ物 おかゆ、やわらかいうどん、コンソメスープ、リンゴ、ばなな。
控えた方がいい食べ物 生ものお肉、ハムなどの加工品、ごぼう、いも、きのこ、お菓子。

脱水症状について

脱水症状になるとのどの渇き、めまい、吐き気などの症状がでます。
トイレの回数・尿量が減り濃い尿が出る場合も要注意です。

インフルエンザでは高熱を下げる為に大量の水分を必要とします。
ウイルス排出の目的で、嘔吐・下痢などの症状も出やすいので、のどの渇きなど脱水の症状が出る前に経口補水液を飲むなど、あらかじめ脱水対策をしておきましょう。

経口補水液

経口補水液は下痢・嘔吐・発熱に伴う脱水症状の時に、水分・電解水を補給するのに適しています。
栄養は含まれていないので食事の代わりとして経口補水液を摂取する事はできません。

胃腸の調子が悪いときは常温の経口補水液を飲むようにしましょう。
沸騰・冷凍させたり、他の飲み物と混ぜてのむと効果が得られず上手く水分が補給できなくなる場合があります。

成人の場合は1日500-1000ml、幼児は300-600mlが目安量になっています。

市販薬の下痢止め・痛み止め

インフルエンザの症状で起こる腹痛・下痢にはウイルスを体外に排出する働きがあります。
薬で症状を止める事はウイルスを体内に残し、完治を遅らせてしまう原因になるので控えた方がいいでしょう。
どうしても耐えられない痛みの場合は違う病気が考えられ、下痢が止まらない場合は脱水症状の危険があるため病院で診てもらうようにしましょう。

市販薬の痛み止め・下痢止めとは別にビオフェルミンを代表とした「整腸剤」という薬があります。
整腸剤は腸内の環境を整える薬です。

腹痛・下痢が完治後も続く場合

インフルエンザの症状は発症から3-4日でおさまります。
その後数日間はウイルスが体内にいるので風邪のような症状があるかもしれません。
発症してから5-6日経っても下痢や腹痛の症状が治まらない場合は他の病気の可能性があります。

考えられる病気として感染性の「胃腸炎」があります。
インフルエンザと同じ時期に流行る感染症の一つにノロウイルスも感染性胃腸炎の一種です。
感染性の胃腸炎はインフルエンザの症状と似た腹痛や下痢を引き起こします。
インフルエンザの症状がなくなってからも腹痛・下痢がなかなか治らないと感じたら病院で診てもらいましょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。