タミフルの副作用は危険?様々な症状と対処法

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

タミフルの副作用

タミフルの主な副作用の割合は以下の様になっています。

タミフル75mg主な副作用

  • 腹痛(6.8%)
  • 下痢(5.5%)
  • 嘔気(3.9%)

タミフルドライシロップ主な副作用

  • 下痢(2.2%)
  • 嘔吐(1.4%)
  • 低体温(0.8%)
  • 発疹(0.8%)

重大な副作用として以下の症状があります。(頻度不明)

  • アナフィラキシーショック
  • 肺炎
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症
  • 急性腎不全
  • 白血球減少、血小板減少
  • 精神・神経症状
  • 出血性大腸炎、虚血性大腸炎

その他にも以下のような副作用が現れた場合は、服用を中止して医師に相談しましょう。

皮膚 皮下出血、 発疹(0.8%)、紅斑(多形紅斑を含む)、 蕁麻疹、そう痒症
消化器 口唇炎、血便、メレナ、吐血、消化性潰瘍、腹部膨満、口腔内不快感、食欲不振、 下痢(2.8%)、嘔吐(2.0%)、腹痛、悪心、 口内炎(潰瘍性を含む)、便異常
精神神経系 めまい、頭痛、不眠症、感覚鈍麻、悪夢、 激越、嗜眠、傾眠、振戦、
肝臓 γ-GTP増加、Al-P増加、 ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加
腎臓 血尿、蛋白尿
血液 好酸球数増加
呼吸器系 咳嗽
視覚障害(視野欠損、視力低下)、霧視、複視、眼痛、 結膜炎、
その他 疲労、不正子宮出血、耳の障害(灼熱感、耳痛等)、浮腫、血中ブドウ糖増加、背部痛、胸痛、 低体温(0.8%)、発熱

タミフルと異常行動の関係

人ごみ タミフル服用後に異常行動を起こし、大きな事故になるニュースが毎年話題となります。
厚生労働省が行っている調査ではタミフルなどの抗インフルエンザ薬と異常行動に関する因果関係は分かっていません。

インフルエンザによる異常行動は主に10歳前後の子ども、特に男児に起きやすいようです。
未成年による異常行動の割合は全体の78%で、そのうち80%は寝起きに発生しています。

異常行動の例

飛び降りや転落が大きな事故につながる重大な異常行動として知られていますが、以下のような症例もあります。

  • 興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う
  • 外を歩いていて、話しかけても反応しない
  • 人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す
  • 変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る
  • 突然笑い(泣き)出し、階段を駆け上がろうとする。

対策として、インフルエンザにかかった場合は薬の有無に関わらず発熱後2日間は未成年を一人にしない事が大切です。
玄関や窓の施錠は確実に行い、なるべく1階で療養するなど様子がわかる部屋で寝かせるようにしましょう。

薬と異常行動の発生割合

タミフルの使用だけでなく、その他の抗インフルエンザ薬を使用した場合でも異常行動は確認されています。
異常行動を起こした方のうち、吸入薬のリレンザを使用していた場合は5%、イナビルは12%という調査結果が出ています。
タミフルを使用した場合は7%なのでタミフルだけが異常行動に関係しているわけではありません。

また、解熱鎮痛薬のみを使用した場合に起こった異常行動は14%、薬をなにも服用していない場合でも14%ほど確認されています。

この事から異常行動はインフルエンザの感染によっておきるインフルエンザ脳症や脳炎が原因なのではという見解もあるようです。

タミフルの副作用、腹痛・下痢

タミフルの副作用で最も発生しやすい症状が腹痛と下痢です。
腹痛や下痢が起こる原因は、予防接種、インフルエンザ、タミフルの使用が考えられます。

予防接種による腹痛・下痢

まず、予防接種による腹痛ですが、これは「副反応」によっておきます。

副反応とは 治療薬の投与は体内での化学的作用を期待して行われますが、ワクチンの投与は体の免疫作用を期待して行われます。
そのためワクチン接種により起こる反応は免疫に関するものが多いので、副作用ではなく副反応として区別されています。

予防接種を受けた方のうち5-10%の方に下痢・吐き気・嘔吐などの消化器症状がでます。
通常2-3日でおさまりますが、症状が長引く場合は医師に相談しましょう。

インフルエンザによる 腹痛・下痢

インフルエンザに感染すると腹痛や下痢などの症状が出る事があります。
これは体が腸内に侵入したウイルス排出しようとするためです。
排出を止める事になる痛み止めや下痢止めなどの薬を服用する事は、かえって症状を長引かせます。
ウイルスを早く体外に排出する事は早期回復につながるので我慢せず、排出するようにしましょう。

タミフルによる 腹痛・下痢

インフルエンザの症状に腹痛や下痢があるのでタミフルの副作用との区別が難しいかもしれません。
薬の服用後に症状がでるようなら副作用の可能性が高いです。

タミフルは治療の場合5日分処方されます。
全て飲み切らなければなりませんが、副作用が辛い場合は医師に相談をしましょう。

吐き気・頭痛

腹痛・下痢の次に発生しやすい副作用として吐き気・嘔吐があります。
薬の服用後早ければ30分で症状が現れます。

原因はインフルエンザによる症状と、タミフルによる副作用があります。
インフルエンザによる吐き気や嘔吐は、腹痛・下痢と同じく体内にあるウイルスを排出するためにおこる体の自然な働きです。

嘔吐の症状は栄養・水分の経口補給が難しくなるため回復が遅れてしまいます。
吐しゃ物からの二次感染のリスクがあるため、正しい対処法が必要になります。

頭痛

インフルエンザに感染した場合、頭痛の症状が出る事があります。
他の症状と同じく副作用との区別が難しいかもしれませんが、タミフル服用後に頭痛がした場合は副作用の可能性が高いでしょう。

インフルエンザによる頭痛は初期症状である筋肉痛・関節痛と同じ仕組みで起こります。
体内細胞のひとつ、「プロスタグランジン」による炎症が原因なのでゆっくり冷やすことで痛みが緩和されます。

インフルエンザによる頭痛は解熱後も続くことがあります。
体内にウイルスが残っているかぎり、痛みの原因であるプロスタグランジンが分泌される為です。
熱が下がり2-3日たてばウイルスの放出も終わり、頭痛の症状もなくなるでしょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。