タミフルとリレンザを使い分け!どちらが良く効く??

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

タミフルとリレンザの違い

インフルエンザの治療薬にはいくつかの種類があります。
タミフル、リレンザ、イナビル、オセフル・・・

「タミフル」は聞き覚えがあるのではないでしょうか。
名前は知っていても、その効果や他の薬との違いまでは病院で説明を受けないと思います。
リレンザとタミフルを比較し、特徴や違いを知ることで効果的に使用できるようにしましょう。

タミフルとリレンザの概要

製薬会社 発送国 主成分
タミフル ロシュ シンガポール オセルタミビル
リレンザ グラクソスミスクライン シンガポール ザナミビル

インフルエンザの特効薬として世界で初めて販売された薬はリレンザです。
タミフルはその後10年ほど遅れて販売が開始されました。

タミフルの主成分はオセルタミビルで、A型・B型どちらのウイルスも増殖を抑えることが出来ます。
発熱などの症状が出始めたらなるべく早く、出来れば48時間以内に服用することで効果が得られます。
開発したのはスイスのロシュという製薬会社で、日本での製造販売はロシュ社の傘下に入っている中外製薬が行っています。
治療薬としてだけでなく予防薬としても効果を発揮しますが、日本では予防投与での薬の処方は健康保険適応外です。

リレンザの主成分はザナミビルで、こちらもA型・B型どちらのウイルスも増殖を抑えることが出来ます。
特にB型に対する解熱時間はタミフルよりも優れているのでB型ウイルスに感染した場合は「リレンザ」を選ぶといいでしょう。

リレンザのインフルエンザウイルス増殖抑制方法はタミフルと同じなので作用はほぼ同じですが、タミフルよりも即効性があります。
なぜタミフルより即効性があるのかそれは使用方法の違いにあります。

使用方法の違い

どちらも同じ作用をもつタミフルとリレンザですが、使用方法に大きな違いがあります。
タミフルは経口投与を行う薬で、形状はカプセルとドライシロップがあります。
経口投与なので感染部位への到達に時間がかかってしまいますが、一般的な使用方法なので広い世代に使用して頂けます。

一方リレンザは専用の吸入器を使用してパウダー状の薬を吸入する吸入薬です。
インフルエンザウイルスは飛沫感染し、気道の辺りで増殖します。
薬を吸入して直接気道に到達させるので即効性がありますが、子どもや高齢者には吸入投与は難しいようです。

用法用量、服用間隔の違い

使用方法は違いますが、回数や服用期間は同じです。
注意する点はタミフルが1回1錠なのに対して、リレンザは1回2ブリスター分を使用します。

タミフル リレンザ
治療の場合 1回1錠 1日2回、合計で5日間 1回2ブリスター 1日2回、5日間

投与年齢の違い

タミフル リレンザ
0-1歳未満 ×
0-5歳未満 ×
5-10歳未満
10-20歳未満
20歳以上

◎: 推奨 〇:使用可 △: 勧められない ×: 使用不可。

20歳未満の方に抗インフルエンザ薬を使用する際には年齢に応じてどちらの薬を使用するか目安があります。

基本的に生後2週間未満の新生児にはインフルエンザ薬は使用しません。

リレンザは子どもが使用すると正しく吸入出来ない事があるので10歳をこえてからの使用が推奨されています。
吐き気がひどく、飲んだ薬を吐いてしまう場合は吸入薬を使うこともあります。

タミフルはどの年齢の方でも使用できますが、10-20歳の方の使用は異常行動のリスクが高い為、厚生労働省が使用を控えるように注意を促している事もあり、推奨から使用可になっています。

予防投与方法の違い

期待される効果はほぼ同じのタミフルとリレンザですが、C型には効果がありません。
C型インフルエンザはA型・B型に比べて症状が軽く、1度感染したら免疫が付きその後再び感染することがないので流行することはありません。
C型に効果がないから効き目の弱い薬ではなく、C型に関しては風邪のようなものなので特効薬はあまり必要ないという事になります。

タミフルとリレンザはどちらも予防投与に使用して頂けます。
服用方法は治療目的の時と同じですが、服用数と服用期間が変わるので注意が必要です。
治療目的の場合は1日2錠を5日間で服用しますが、予防投与の場合は1回1錠を10日間かけて服用していきます。

タミフル リレンザ
予防投与の場合 1日1回1錠、10日間 1日1回2ブリスター、10日間

副作用の違いを比較

インフルエンザの特効薬として高い効果が期待されるタミフルとリレンザですが、もちろん副作用もあります。
A型・B型のタイプ別で現れる副作用が異なる事はありませんが、薬の種類によって副作用が異なります。

タミフルの副作用

製造販売後の副作用発生調査で確認された症状。

主な副作用

タミフル75mg
下痢(0.5%)、悪心(0.3%)、腹痛(0.3%)、発疹(0.2%)。

頻度は低いですが、その他にも副作用は多数報告されています。
その他の重大な副作用は以下のようになっています。

  • アナフィラキシーショック
  • 肺炎
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症
  • 急性腎不全
  • 白血球減少、血小板減少
  • 精神・神経症状
  • 出血性大腸炎・虚血性大腸炎

これらの副作用以外にも、子どもに使用すると転落や飛び降りなどの事故が起きるとされ、一時期問題になりました。
この異常行動に関してタミフルとの関係は不明で、インフルエンザの発症に伴い起こるのではという見方が出てきています。

リレンザの副作用

製造販売後の副作用発生調査で発生した副作用。

主なリレンザの副作用

下痢(0.24%)、発疹(0.13%)、悪心・嘔吐(0.13%)、嗅覚障害(0.11%)。

こちらもタミフル同様、頻度は低いようですが異変があればすぐに病院へ行くようにしましょう。

その他の重大な副作用は以下のようになっています。

  • アナフィラキシーショック
  • 気管支攣縮、呼吸困難
  • 中毒性表皮壊死融解症、多形紅斑

リレンザは気道周辺の局所に使用するので嗅覚障害や呼吸困難などタミフルにはない症状が出ることがあります。

逆にタミフルは全身に作用するので腹痛などの症状が現れます。

現れる副作用の症状や割合が少しずつ違うので使用を考えている方はそれぞれの症状を把握しておきましょう。

値段の違い

タミフルとリレンザの違いがある程度知れたので、効果的に使用できると思います。
使用するにあたっての準備は出来ましたが、実際に購入するとなると気になるのはやはり値段です。

タミフルとリレンザの値段の違いはあるのでしょうか?
あんしん通販薬局の取り扱い値段で比較してみましょう。

タミフル リレンザ 差額
1箱 6,580円 5,980円 600円
2箱 11,976円 9,867円 2,109円
3箱 17,253円 13,545円 3,708円

タミフルの方がやや割高ですが、病院で処方してもらう事を考えれば気にならない差だと言えるのではないでしょうか。
リレンザは安全性の高い薬としてしられており、場合によってはタミフルより即効性がありますが吸入器から薬剤を上手く吸い込めないと効果が十分に得られません。

現在、抗インフルエンザ薬として広く使われているのはタミフルです。
理由として、年齢制限がほとんどなく、高熱により体力が著しく低下した状態でも簡単に摂取できる経口薬という事があげられます。
子ども用にドライシロップも販売されているので幅広い世代の人に使われている薬です。

メリット・デメリットを考慮して自分にあっていると思う薬を選ぶようにしましょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。