予防投与は保険適応外?本当にタミフルで予防は可能?

予防投与とは

お医者さん 「予防投与」という言葉を聞いたことがありますか?
これは、インフルエンザの感染を防ぎたいときに「予防」目的で抗インフルエンザ薬を使用する事です。

感染のリスクが高い人に対して薬を予防投与する事で、インフルエンザウイルスの増殖を抑え予防することができます。

予防投与は製薬会社や病院が効果を認めている、正しい予防方法のひとつです。

タミフルで予防投与

「投与」ときくと何か特別な薬を使用するように思えますがそうではありません。
インフルエンザの予防投与は、治療目的で使用する時と同じ薬を使用します。

タミフル、リレンザ、イナビル、タミフルのジェネリック薬すべて予防投与が可能な薬です。

予防投与の用法用量

治療では1日2回5日分のタミフルですが、予防投与の場合は以下の用法用量です。

タミフル(ジェネリック) リレンザ
予防投与の場合 1回1錠
1日1回、10日間
1回につき2ブリスター
1日1回、10日間

インフルエンザ患者に接触してから48時間以内に決められた用量で使用開始することで効果が得られます。

病院で予防投与としてタミフルを処方してもらうと、保険適応外となります。
病院では通院や待ち時間で時間をとられるだけでなく、診察料・処方料が必要になります。

通販サイトを利用すれば、無駄なくタミフルを購入することが出来ます。
あんしん通販薬局で取り扱っているタミフルは、スイスのロシュ社製です。
日本でタミフルを販売している中外製薬はロシュ社の傘下に入っている為、通販サイトから購入しても病院で処方されるタミフルと大きな違いはありません。
予防投与なら、会社を休めない時や長期の旅行前など、どうしてもインフルエンザにかかれない時に集中して予防できます。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

予防投与の基礎知識

予防投与をするにあたって、知っておくべき事柄をいくつか説明していきます。

予防投与とワクチンの違い

「予防」なら予防接種(ワクチン)で出来るので、予防投与する意味があるのか疑問に思うかもしれません。
基本的にインフルエンザの予防はワクチンで行います。
ワクチンを接種した後1-2週間かけてウイルスの抗体が作られウイルスに対する免疫が高くなります。
摂取してから1ヶ月後に予防効果のピークを迎え、そこからゆるやかに効果が薄くなります。

予防接種の効果は約5ヶ月といわれているのでインフルエンザ流行前の11月にワクチンを接種した場合、次の年の4月までは抗体があることになります。

予防接種はインフルエンザの発症を防ぐ薬でも、治す薬でもありません。
抗体が存在している5ヶ月間、インフルエンザの発症を出来る限り抑えてくれるワクチンを投与する事です。

一方予防投与は事前にインフルエンザウイルスの増殖を抑えることで、発症を防ぎます。
効果期間は薬を服用している10日間のみですが、その期間に集中して予防することが出来ます。

予防投与の決まり事

病院で予防投与としてタミフルを処方してもらうには、一定の条件をクリアしないといけません。
主に、感染のリスクが高く健康をおびやかされる人に対して認められています。

対象となるのはインフルエンザを発症している患者の同居家族のうち、特定の疾患を持っている方に限られます。

  • 65歳以上の高齢者
  • 慢性呼吸器疾患、慢性心疾患患者
  • 代謝性疾患患者(糖尿病)
  • 腎機能障害患者

予防投与は予防接種と同じく治療ではないので、自由診療とみなされ上記の方が使用する場合でも健康保険は適用されません。

予防投与中に発症した場合

予防投与中に高熱、悪寒、関節痛などインフルエンザの症状が出た場合は、すみやかに病院で診てもらうようにしてください。
インフルエンザウイルスの潜伏期間は1-2日なので、薬を飲み始めたときにはすでにウイルスに感染していたおそれがあります。
この場合、予防投与では残念ながらウイルスの増殖は抑えることができません。

予防投与中にインフルエンザを発症した場合は、予防投与の日数に関わらず1日2回5日間、通常のタミフルの用法用量で服用を開始します。

予防投与による副作用

予防投与では治療薬と同じ薬を使用するのでもちろん副作用があります。

タミフルの主な副作用

  • 腹痛(6.8%)
  • 下痢(5.5%)
  • 嘔気(3.9%)

予防投与は家族内に感染者がいる場合や、子ども・高齢者と接する機会多い人などどうしてもインフルエンザにかかりたくない人がとる予防手段のひとつです。

短期間で集中して予防できるのですが、自由診療なので保険適応外になってしまいます。
事情を話し病院で処方してもらうことはおそらく可能ですが、保険が効かないので高額になってしまいます。

高くて購入を悩んでいる方は、あんしん通販薬局で購入すると予防投与を安く行えます。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

その他、保険適応外になる場合

少し余談になりますが、医療保険は全ての医療行為に適用されるわけではありません。
自由診療のほかにも健康保険が効かない場合があります。

  • 職場や通勤中の事故やケガ
  • 美容整形
  • 妊娠・出産
  • 予防接種・健康診断

職場や通勤中の場合の事故やケガは「労働災害」にあたるので労災保険を使う事になります。
その他も病気の治療ではないので健康保険を使う事は出来ません。
抗インフルエンザ薬を使用した予防投与も予防接種や健康診断と同じく「治療」ではないので医療費を全て負担しなければならないという仕組みです。

インフルエンザにかかっていれば3割ほどの負担で購入できる抗インフルエンザ薬ですが、保険適応外となると医療費がかさみます。

以下のページに保険適応外で抗インフルエンザ薬を処方してもらった時にかかる費用をまとめています。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。