タミフル【ドライシロップ】で治療!子どもに上手く飲ませる方法

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

ドライシロップがあるのはタミフルだけ

子ども インフルエンザは冬から春先にかけて毎年流行するウイルス性の感染症です。
感染力がとても強いことが特徴で、過去には死者数4,000万人規模の大流行(スペイン風邪)を起こしたこともあります。
数十年に1度世界的大流行を起こすインフルエンザですが、抗インフルエンザ薬が開発されてからは広がり・死者数ともに減っています。

特に子どもへの感染においては、肺炎や脳症などの合併症が心配されるので早めに治療をすることが大切です。

現在日本で使用されているインフルエンザの薬は、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタです。
子どもでも簡単に服用する事が出来るドライシロップがあるのはタミフルだけです。
タミフルドライシロップが承認されたのは2002年で、カプセル型が販売された1年後から流通し、主に子どものインフルエンザ治療に使われています。

タミフルドライシロップの使用方法

タミフルのドライシロップは顆粒状で、水に溶かして飲むタイプの薬です。
薬局でもらう段階では粉薬と同じ状態ですが、飲むときに水で溶かしてシロップ状にします。

1g中にふくまれる有効成分オセルタミビルは30mgで、1歳未満の新生児から使用する事が可能です。
用法用量は、体の大きさ・治療目的・予防目的で異なります。

治療目的

子どもに使用する場合、ドライシロップの1回の最高量は2.5gです。
下記の用量を守り1日2回、5日間使用します。

1回の最高量 = 2.5g

幼小児 新生児、乳児
1回 66.7mg/kg 1回 100mg/kg

予防投与

予防投与で使用する場合も、ドライシロップの1回の最高量 = 2.5gです。
1日1回、10日間使用します。

1回の最高量 = 2.5g

幼小児
1回 66.7mg/kg
* 新生児、乳児の予防は家族が行う事で子どもへの感染を防ぐようにしましょう。

治療目的の場合タミフルドライシロップは朝と夕に1回ずつ、食後に服用します。
服用間隔は空けて飲むようにしましょう。

苦いシロップを上手に飲ませる方法

通常ドライシロップは水に溶かして服用します。
タミフルのドライシロップは苦みが強いので子どもに飲んでもらう為には少し工夫が必要です。

製薬メーカーおすすめの方法

タミフルを販売している製薬会社が、タミフルの苦みを抑える飲み方をパンフレットとして配布しています。
以下の食べ物や飲み物に混ぜる事で子どもに上手く飲んでもらえます。

  • チョコアイス
  • ヨーグルト(イチゴ味)
  • ココア
  • オレンジジュース
  • スポーツドリンク
  • 服薬補助ゼリー

ジュースは必ず飲み切れる量(10-40ml)に溶かしてゆっくり飲ませるように心がけてみてください。

ドライシロップと相性の悪い飲み物・食べ物

一緒に飲むことで味が変化し飲みにくくなる飲み物・食べ物もあります。

バニラアイス・リンゴジュース・ヤクルトなどに溶かして服用させる事は避けてください。

ドライシロップの副作用

タミフルドライシロップの主な副作用は 嘔吐、下痢、低体温、発疹などです。
製造販売後の調査ではこれらの症状が5.7%認められています。

その他にも頻度は不明ですが、下記のような重大な副作用もあります。

  • アナフィラキシー症状
  • 肺炎
  • 出血性大腸炎
  • 劇症肝炎
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 中毒性表皮壊死融解症症
  • 急性腎不全
  • 白血球減少、血小板減少
  • 精神・神経症状
  • 出血性大腸炎

タミフルドライシロップ処方にかかるお金

タミフルドライシロップの薬価は1g 244円です。
使用量が年齢・体重で異なるので、薬の値段は変動します。
ここでは目安として1歳児と6歳児のタミフルドライシロップの処方にかかる金額を計算してみました。

1歳児の場合

1歳児の平均体重は約9kgなので1日の投与量は1.8g(2回分)になります。
治療目的の場合は薬を5日間服用するので、244円/g × 1.8g × 5 = 2,196円となります。

6歳児の場合

6歳児の場合は、平均体重が約20kgなので1日の投与量は2.67g(2回分)です。
244円/g × 2.67 × 5 = 3,257円となります。

この薬の値段に加えて診察料・調剤料が約3500-5000円かかります。
健康保険が適応されて自己負担額が3割の場合、合計でかかる金額はおおよそ2,300-3,000円になります。

ドライシロップ使用上の注意

タミフルドライシロップは子ども向けだからといって効果が弱いという事はありません。
高齢者や吸入薬・カプセルタイプの薬が使用できない方にも処方される薬です。
用法用量を守らず使用すると、嘔吐などの副作用が現れやすくなるので正しく服用するようにしましょう。

妊娠中・授乳中の方は基本的に使用を控えた方がいいですが、「 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合 」は投与が認められています。
この辺りは医師の指示を仰ぎ使用するようにしましょう。

合併症などをさけるためにも早めの治療が大切になってくる子どものインフルエンザ治療です。
タミフルドライシロップを上手く活用してなるべくはやく治すようにしましょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。