タミフルとアルコールの併用はNG!?副作用と対処法

薬とアルコールの併用

ビール 所説ありますが、適度なアルコールの摂取はストレス解消や長寿に結びつくことから体に良いと言われています。
逆に飲みすぎると肝硬変や急性アルコール中毒などの病気を引き起こしてしまう事もあります。
健康と深い関わりのあるアルコールですが、「アルコール消毒」としてお酒を飲んでも残念ながらウイルス撃退はできません。
しかし、インフルエンザを発症してすぐタミフルを服用する事で、回復後の早い段階からお酒を楽しむ事が出来ます。

タミフルとアルコールの併用

タミフルを服用している時の飲酒はもちろん控えた方がいいでしょう。
薬はお水、お湯で服用されることを前提に開発されています。
アルコールを含む飲料での服用は考えられていない為、臨床試験もされていません。

なのでアルコールと一緒に服用した場合、「何が起こるかわからない」という事になります。

タミフルは医師が処方する薬なので効果が高い半面、副作用も強く出てしまう可能性があります。
以前、市販の風邪薬とアルコールを併用した際に問題なかったという方もタミフルは別だと考えた方がいいでしょう。

タミフルとアルコールの併用に関する試験データはありませんが、考えられる症状がいくつかあるので紹介します。

  • 吐き気。
  • めまい・たちくらみ。
  • 動悸が激しくなる。
  • 意識が朦朧(もうろう)とする。

その他にも想定されていない副作用が起きる可能性を秘めているので十分な注意が必要です。
熱が下がり、治りかけの段階でもしばらくは代謝、体力が落ちているのでアルコールの摂取自体を控えた方がいいでしょう。

早めの服用で早期治療が可能

一度インフルエンザにかかってしまうと、最低でも約1週間弱飲酒ができなくなります。
インフルエンザの症状が落ち着き始めたころには、咳や鼻水などの風邪のような症状が出ることがあります。
そのためインフルエンザ完治後は、しばらくお酒を楽しむことが難しいかもしれません。

タミフルを出来るだけ早くを服用する事で、インフルエンザウイルスの増殖を抑える事が出来ます。
症状が軽いうちにインフルエンザの治療が出来ると、体力の消耗も少なく早く回復する事が見込めます。
タミフル服用中は、治療効果を確実に得る為にもお酒を我慢しないといけませんが、その後は自分の体調と相談して、問題無いようなら飲酒を再開できます。

インフルエンザにかかる前に予防として、流行の季節に発熱したときなど、すぐにタミフルを服用できる環境を作っておくといいでしょう。
夜に発熱した場合、朝になるまでにインフルエンザウイルスは爆発的に体内で増加します。
通院や、待ち時間の間もウイルスは増え続けます。
タミフルを常備薬として持っていれば、すぐに治療を始めることが出来ます。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

薬とアルコール、併用の基本

アルコールと薬はどちらも肝臓で分解されます。
薬は体内ですべて分解された時点で効果がきれるのですが、その分解に使われる働きが代謝酵素です。
この代謝酵素ですが、アルコールと薬を併用することで正しく作用しません。

アルコールの分解はアルコール代謝酵素、薬物の分解は薬物代謝酵素を使い行われます。
薬とアルコールを同時に分解する場合、薬物代謝酵素は薬よりもアルコールの分解を優先します。

通常、薬は薬物代謝酵素の力を100%使い分解されます。
しかし、アルコールと併用した場合は、アルコールの分解に薬物代謝酵素を取られる事で薬の分解に時間がかかってしまいます。
その結果、効果時間が長引き薬が強く効きすぎてしまいます。

たくさんのアルコールを摂取した場合も薬物代謝酵素がアルコールを分解します。
普段からアルコールを日常的に飲んでいる人は薬物代謝酵素のアルコールに対する耐性が高く活発になっているため、薬を早く分解しすぎてしまい効き目が弱ってしまう事もあるそうです。

薬の種類によってはアルコールと併用することで心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がってしまいます。

薬とアルコールを併用すると肝臓での分解が上手くいかず、薬の効き目が強く現れたり、弱くなったりして正しい効果が得られません。
薬が効きすぎることによって副作用が強く出てしまう事があるので併用はさけましょう。

アルコール摂取してしまった場合の対処法

タミフルを服用するときにアルコールと一緒に飲む人はあまりいないと思いますが、「うっかり」併用してしまう事はあるかもしれせん。

例えば、

  • タミフルを飲んだ事を忘れていて、アルコールを摂取してしまった。
  • アルコールを飲んでいたのを忘れていてタミフルを服用してしまった。

飲酒が日常化している人に上記のパターンが多い事は容易に想像できます。
間違えてアルコールを薬と併用してしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

お水を飲むことが大切

アルコールが分解され、体内から消えるまでには約3-4時間かかります。
これはビール500mlが分解される時間の目安なので2本飲めば6-7時間体内にアルコールが残ることになります。

ビールを1本飲んだ後

4時間空いていればタミフルを飲んでしまってもさほど問題はありません。
これは時間をあければお酒を飲んでいいという訳ではなく、間違えて飲んでしまっても時間が空いていればひどい副作用の心配はないという事です。

それ以外のアルコールが体内に残った状態で薬と併用してしまった場合は、水をたくさん飲むことが対処法と言えます。
水たくさん飲むことでアルコールが薄まり、血中アルコール濃度も低くなります。

アルコールの利尿作用によりおこる脱水症状を軽減する為にも水分は多めに取った方がいいでしょう。

アルコール以外の併用NGドリンク

コーヒー タミフルと併用してはいけない飲み物はアルコールだけではありません。
「カフェイン」を多く含む飲み物も併用を控えた方がいいでしょう。

カフェインを多く含む飲み物は、

  • コーヒー
  • 栄養ドリンク
  • エナジードリンク
  • 眠気覚まし

などがあります。

カフェインの分解もアルコールやタミフルと同じく肝臓で行われます。
そのためタミフルとカフェインが代謝酵素を奪い合い、副作用が強く出たり、タミフルの効果が落ちます。

インフルエンザの症状がなくなり熱も下がっているが、元気が出ないので栄養ドリンクで元気づけようとする事は控えた方がいいでしょう。

タミフルはお水、お湯で正しく飲むことが推奨されています。
そうすることで効果をきちんと得られ、回復もはやくなります。
用法を守り、1日でも早く治してお酒やコーヒーなどを楽しみましょう。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。