タミフルを正しく飲んで治す。効果的なタイミングと注意点

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

毎年寒い時期になると流行するインフルエンザ。
一度かかってしまうと完治するまで学校や仕事を休まなければならないだけでなく、高熱が続き体力的にかなり辛い症状に悩まされます。
インフルエンザは感染力がとても強いので、本人だけでなく看病をしている家族、同じ部屋で仕事・勉強をしている周りの方への感染リスクがあがり、集団感染を起こしやすい病気です。
感染を広げない為にもインフルエンザや治療薬であるタミフルの事を知っておくことが大切になってきます。

効果を正しく得られる服用タイミングや、異常行動などの疑惑の副作用についてもみていきましょう。

タミフルの服用期間

病院 タミフルを服用する目的は二種類あります。
インフルエンザの症状が出てから病院に行き、処方されたときは「治療目的」となり、1日2回5日間のタミフル計10錠が処方されます。
その他には「予防目的」でタミフルを処方してもられる場合があります。
インフルエンザに感染した場合に重篤化の危険がある、65歳以上の高齢者、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患患者 、代謝性疾患患者(糖尿病)、腎機能障害患者の方は予防投与の条件を満たしているとされ、病院でタミフルを処方してもらえます。
予防投与の場合は、1日1回の服用を10日間行います。

処方される数は同じでも服用の期間が違うので注意が必要です。

タミフルドライシロップ

インフルエンザ治療薬であるタミフルのカプセルタイプが販売された1年後にドライシロップタイプが販売されています。
ドライシロップは顆粒状の薬で、服用する前に水に溶かして使用します。
主にカプセルタイプの服用が難しい高齢者や子どもに対して処方されます。
抗インフルエンザ薬の中で、子どもでも簡単に飲むことが出来るドライシロップタイプがあるのはタミフルだけです。

タミフルのドライシロップですが、苦みが強いので製薬会社が苦みを少なくする方法をパンフレットにして公開しています。

子どもへの使用

子どもがインフルエンザにかかった場合、高熱が続き肺炎などの合併症を起こしやすくなります。
早期治療が重要になってくるのですが、これはなるべく早くタミフルを服用する事で可能になります。
タミフルはインフルエンザウイルスを撃退する薬ではなく、ウイルスの増殖を抑える薬です。
ウイルスが体内で増殖を始める前に薬を飲むことでしっかりと効果が得られます。
逆に、ウイルスが体内で増殖しきってしまった場合は、いくらタミフルを飲んでもあまり意味はありません。

子どもへタミフルを使用する事で、飛び降りや転落などの異常行動が認められていますが、タミフルを服用していない時でも異常行動が確認されている為、異常行動はタミフルの副作用ではないという見方が強くなってきているようです。
抗インフルエンザ薬の中でもリレンザやイナビルなどの吸入薬は使用が難しいため5歳以下の子どもへは処方されません。
ドライシロップもある事から、子どもへの処方が推奨されているのはタミフルです。

授乳中の使用

授乳期間中は母乳を作るために体力を消耗するため疲労がたまっています。
それに伴い免疫力も低下しているため、インフルエンザに感染した場合重症化しやすいです。

授乳期間中にインフルエンザに感染した場合はすみやかに病院へ行き治療を開始する事で重症化や赤ちゃんへの感染を防ぐことが出来ます。

インフルエンザは主に飛沫感染や接触感染で広がります。
母乳自体からウイルスに感染する事はありませんが、授乳やおしめ替えなどをしている間に感染するリスクは十分にあります。

病院でタミフルなどの抗インフルエンザ薬を処方された場合は一旦授乳をやめておきましょう。
大きな問題はないようですが、薬の添付文書には授乳を控えるよう記されています。
病院によっては授乳を認めていることもあるので、かかりつけの医師とよく相談して授乳するようにしましょう。

アルコールとの併用

インフルエンザ治療中にお酒を控える事は、毎日お酒を飲んでいる方にはつらい期間かもしれません。
タミフルに限らず、薬とアルコールは非常に相性が悪いです。
これはアルコールと薬がどちらも「肝臓」で分解されている為です。
本来正しく分解されるはずの薬とアルコールですが、同時に飲むことにより薬が強く効きすぎてしまったり、効果が弱くなってしまいます。

薬はお水・お湯で服用されることを前提に開発されています。
そのためアルコールとの併用に関する試験は行われておらず、いわば未知の領域なのです。
薬が強く効いてしまうだけでなく、副作用が強く出てしまう事もあるかもしれません。

タミフルの通販サイトへ

タミフル

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療や予防に効果を発揮するお抗インフルエンザ薬です。
予防投与として、常備薬として家に置いておく事ですぐに治療が開始できます。

こんな人にオススメ!
インフルエンザの予防もしたい
タミフルは、1日1回、7~10日間服用することで、インフルエンザの予防ができます。
飲み合わせを気にせずに早く治したい
タミフルには併用が禁忌とされる薬がないので、安心して治療できます。
小さい子どもにも飲ませたい
5歳未満の小児が飲めるインフルエンザ薬であることが、タミフル最大の利点です。
本日注文すると最短で1月26日(金)に届きます。

タミフルは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。